genelog

脳汁だだもれ系ポータル

僕たちはWANIMAのように写真に写れるか

WANIMAというアーティストがいる。

 

昨年、紅白にも出場した、いま注目すべきバンドである。
彼らの奏でるエネルギー溢れる楽曲はすごい。

ストレートに元気づけられる曲は、WANIMAにしかない、特有の感じがする。
僕はそれが大好きだ。根が暗めな僕はむしろWANIMAになりたいとすら思う。

 

ところで、「WANIMAにしかない特有の…」という枕詞を使いたくなるのは楽曲だけではない。

 

アー写そう、彼らのアーティスト写真だ。

 

見たことのない方はこの機会に見てみてほしい。

f:id:e-genelog:20181123215124j:plainGoogle画像検索「WANIMA」

彼らの写真はどこからどう見ても「WANIMA」なのだ。
明るく、ポジティブでオープンな写真ばかりなのだが、そういった言葉では説明しきれない、「WANIMAにしかない特有の…」感じなのである。

これらの写真の「WANIMAにしかない特有の…」感じを、僕たちでも再現できないだろうか。 

仮に再現できるとしたら、写真だけでも、僕たちはWANIMAになることができるはずだ!

 

どうやったらWANIMAになれるのか

WANIMAのアー写をひたすら見比べて、研究をしてみた。(けして暇なわけではない)

その結果、WANIMAのアー写の多くには共通しているポイントがあることがわかった。

 ・過剰なほどの笑顔と変顔
 ・カメラが近め
 ・メンバーの距離感がかなり近い
 ・ダブルピース
 ・ジャンプしがち
 ・パーカーを着がち
【参考】Google画像検索「WANIMA」

意識してGoogleの検索結果を見てみると、どの写真にもこれらのポイントのいずれかがあてはまるはずだ。

逆に言えば、これらのポイントを押さえて写真を撮ると、僕たちもWANIMAっぽく写真に写れるはずである。

それでは実際に撮ってみようと思う。

 

写真は「寄り」で撮った方がいい

大学のサークル仲間二人に協力してもらい、インスタントWANIMAを結成した。

どう説明しても記事の趣旨がうまく伝わらないと思ったので、「WANIMAになりたいですか」とだけ訊いて、あとは半ばむりやり招集してみた。
二人とも質問の答えが「Yes」でよかった。

 

まずは比較用に、ふつうに記念撮影。

f:id:e-genelog:20181123215218j:plain僕たちはWANIMAになれるだろうか(中央が僕です)

いたってふつうの記念写真である。
渋谷で100人にこの写真を見せて何を意識した写真かアンケートをとったとしても、絶対に「WANIMA」というキーワードは出ないだろう。

ここを基準として、先のポイントを加えていき、WANIMAっぽく見えるか検証してみる。 

 

まずは「過剰なほどの笑顔と変顔」。これを足して撮影した写真が、

f:id:e-genelog:20181123215407j:plain愉快な人たちだ

これである。まだ全然WANIMAではない。彼らは無限遠にいると思った。

これでは単なるうさんくさい人たちである。もしくは、なにかいいことがあった人たちだ。

笑顔ではなく、変顔でも同じように撮ってはみたが、

f:id:e-genelog:20181123215346j:plainよく考えたら日常生活で変顔ってしないもんですね

おどけている人たちでしかない。表情だけではどうにもならないようである。

 

ここで気づいたのが、実は笑顔は難しいということだ。

自分はとびきりの笑顔でいると思っていても、写真に撮って見てみると、ぜんぜん笑顔になっていない。想像と現実のギャップにびっくりした。

「WANIMAは表情筋のバケモノなのではないか」という声がメンバーからきかれた。本当にそう思う。

MAXレベルの笑顔で写真に写れるWANIMAはすごい。

 

次に、「カメラが近め」というポイントを足してみる。
先ほどと同じ2枚の写真で、カメラをを寄り気味に加工してみた。

f:id:e-genelog:20181123215758j:plainf:id:e-genelog:20181123215829j:plain
うーん。寄っただけだ。
が、WANIMAを抜きにしても、写真としてはカメラが近い方がいい写真っぽく見える気がした。

「過剰なほどの笑顔と変顔」「カメラが近め」だけではWANIMAに近づくことは厳しいことがわかった。

どうやら、その他のポイントがかなり重要らしい。

 ✔ 過剰なほどの笑顔と変顔
 ✔ カメラが近め
 ・メンバーの距離感がかなり近い
 ・ダブルピース
 ・ジャンプしがち
 ・パーカーを着がち
【参考】Google画像検索「WANIMA」

 

メンバーの距離感が近いとWANIMAがよぎる

WANIMAへのあまりの近づかなさに、不安が募り始めていたその時。
メンバーの距離感を近づけて撮ってみると…
f:id:e-genelog:20181123220557j:plainカメラ近め + メンバー近め = 仲よさげにみえる

さらに笑顔を足してみると…。f:id:e-genelog:20181123220636j:plain笑顔 + カメラ近め + メンバー近め = おっ…?

一瞬WANIMAがよぎって、ものすごいスピードで去っていってしまった。
風味は感じるが、WANIMAではない。

水筒がないからといってコーラのペットボトルに水を入れて飲んだ時のあの薄さだ。

でも距離感が重要なのはわかった。

 

f:id:e-genelog:20181123220712j:plainダブルピースを足してみました 

 

メンバーの距離感が近ければ近いほどWANIMAがよぎりやすくなり、
センターの人間がダブルピースであれば、よりよいようだ。
(自信満々にのたまっているが、自分の中のWANIMA観はだいぶ麻痺してきている) 

 ✔ 過剰なほどの笑顔と変顔
 ✔ カメラが近め
 ✔ メンバーの距離感がかなり近い
 ✔ ダブルピース
 ・ジャンプしがち
 ・パーカーを着がち
【参考】Google画像検索「WANIMA」

 

ちなみに、「ジャンプしがち」「パーカーを着がち」という要素だが、
ジャンプをしてみても、f:id:e-genelog:20181123220924j:plainインスタ感を脱せず、一方パーカーはといえば、f:id:e-genelog:20181123221012j:plain陽気な休日のお父さん感が増しただけだった。

 写真を撮れば撮るほど、想像の中のWANIMA像と現実のWANIMAがどんどん乖離していく感じがしてとても妙な気持ちがしたし、首をかしげるメンバーを見て自信がなくなってきた。どんどんWANIMAが遠ざかっていく悪夢のようだ。焦ってすこし汗をかいた(ジャンプを何回もしたせいかもしれない)。

 

 ✔ 過剰なほどの笑顔と変顔
 ✔ カメラが近め
 ✔ メンバーの距離感がかなり近い
 ✔ ダブルピース
 ✔ ジャンプしがち
 ✔ パーカーを着がち
【参考】Google画像検索「WANIMA」

 

f:id:e-genelog:20181123221053j:plainこのあたりでもう一度、本物のWANIMAをどうぞ。

 

ラスタカラーというWANIMAの記号

「笑顔・カメラ近め・メンバー近め」でWANIMAをよぎらせることには成功したものの、
ここまでの検証にさすがに満足できなかったので、アイテムを投入することにした。

f:id:e-genelog:20181123224537j:plain

色付きTシャツだ。

ロゴなどを見てもらえればわかるかと思うが、WANIMAのシンボルカラーは緑・赤・黄のラテンカラー(専門的にはラスタカラーというらしい)なのだ。

 

これを着て写真を撮ってみた。

f:id:e-genelog:20181123221245j:plainアットホームで楽しい職場です

普通に撮ると、スタッフバイト感が溢れ出てしまったが…。

ひとたびテンションを上げてカメラを寄せてみると…?

f:id:e-genelog:20181123221423j:plainWANIMAのWAの字くらいはありそうな感じ

f:id:e-genelog:20181123221500j:plainこれはWANIMAのWANIの字くらいはあると思う

なんだかすごい。
WANIMAと言われれば、WANIMAに見えてこないだろうか。

色という要素は、もしかすると劇薬なのかもしれない。
(僕たちの脳の「WANIMAを知覚する組織」がよくわからないことになってきているのは否めないが)

嬉しくなって色んなところで写真を撮った。 

f:id:e-genelog:20181123221549j:plain橋の上からWANIMA

f:id:e-genelog:20181123221626j:plain茂みの中からWANIMA

f:id:e-genelog:20181123221708j:plain川の中でもWANIMA

背景が無機物だと、街中感が出ておしゃれだった。

f:id:e-genelog:20181123221759j:plain僕たちは…

f:id:e-genelog:20181123221827j:plainWANIMAだっ!(異論は認めます)

赤・黄・緑を身につけると見違えるようにWANIMA感が増してびっくりした。

ソースだけで食べていた冷凍お好み焼きに紅ショウガ・かつお節・青のりを足したとたん、ホンモノ感がぐっと増すあの感じだ。
理由は簡単だ。これらの色はWANIMAの記号だからだ。(紅ショウガもかつお節も青のりもお好み焼きの記号だろう)

記号を纏うとそれっぽく見えるのは、よく考えると当然の話だった。

 

ご家庭で再現するには

f:id:e-genelog:20181123221912j:plain加工してみたらもっとWANIMAだ

WANIMAっぽく写真に写る方法を模索した結果… 

・はちきれんばかりの笑顔で
・センターの人間はダブルピースで
・メンバーの距離感をかなり近めに
・カメラもかなり近めに
・できれば服にWANIMAの色を取り入れる

といった要素を全て詰め込むと、そこそこWANIMAに近い写真が撮れることがわかった。
これらの要素は複合的で、どれか一つが欠けると途端にWANIMA感が薄れてしまう、めちゃくちゃシビアなものだった。

もっと詳しいことを言うと、腕時計などは極力外したほうがそれっぽく見えることと、直立して写るよりも中腰で写るほうがWANIMAっぽく見えることも、チャレンジする皆さんにはできれば意識してほしい(何様だ)。

ご家庭でも割と簡単に再現できるかと思うので、WANIMAになりたいと思う皆さんはぜひお試しください。

 

f:id:e-genelog:20181123222506j:plain魚眼にするともっとWANIMA

 

さらに付け加えると、僕たちの写真でも楽しそうに見える写真はだいたいWANIMAっぽくみえるし、メンバーの距離が近ければ近いほどWANIMAらしい写真が撮れた。本物のWANIMAは、メンバーの物理的な距離だけでなく、それ以上に精神的な距離もめちゃくちゃ近いはずだ。

冒頭で書いた「WANIMAにしかない特有の…」もの、それは「WANIMAであることの楽しさ」「団結感」なのかもしれない。

 

WANIMAはおそらく、写真に表れているそのままのバンドなのだと思った。

 

なりたい。

 

おまけ①f:id:e-genelog:20181123222044j:plain

WANIMAの写真の背景はたいてい青空なので、青空の写真に僕たちを合成してみたが、
よくわからないが、ぜんぜん違うものになってしまった。なぜだろう。

 

おまけ②

写真を撮りにきてくれた大学の後輩なのだが、f:id:e-genelog:20181123222539j:plain隙間から人を撮ると、妙なストーリーを感じて面白いことがわかった。

学ぶことが多い撮影でよかった。

【14日目】対決! 「バニラ高収入」を聴かせて育てたトマト V.S. 普通のトマト

暑いですね。

 

「バニラ高収入」を聴かせながらトマトの種を撒いてから2週間が経った。

我が家もこの2週間の間にいろいろあったのだが、詳しいことはこんな所にとても書くことができない。

 

トマトのことを書こうと思う。

 

2週間でトマトの種は芽を出し、すくすくと育っている。一方は普通に、もう一方は「バニラ高収入」を聴きながら。

 

写真を見てほしい。

まずは普通のトマト

f:id:e-genelog:20180803234454j:image

そして「バニラ高収入」を聴いて育っているトマト

f:id:e-genelog:20180803234450j:image

いまの時点では若干、バニラ高収入側のトマトがより高収入であるように思える。

 

0日目からの比較である。

f:id:e-genelog:20180803234759j:imagef:id:e-genelog:20180803234755j:image

(0日目からの比較画像がほぼ無意味であることには作ってから気づいた)

 

2つのプランターを並べてみると、

f:id:e-genelog:20180803235602j:image

やはりバニラ高収入が高収入っぽいようだ

 

8月に入り未だこのサイズなのは、雪が降る前に実をつけるかどうかという点で一抹どころではない不安を感じるが、バニラ高収入を頼りにしていることに変わりはない。

 

対決! 「バニラ高収入」を聴かせて育てたトマト V.S. 普通のトマト

みなさんいかがお過ごしですか。こちらでは久しぶりの記事になってしまいました。


夏が来ましたね。
夏はガーデニングにうってつけの季節。だって冬には雪がふるから。


ところで、野菜にクラシック音楽を聴かせるとよく育つというのを耳にしたことがあるだろうか。
特にモーツァルトの曲がいいそうで、優しい旋律が野菜の成長を助けるそうだ。
実際に昔、何かのテレビ番組でハウス農家が野菜にモーツァルトを聞かせている映像を見て、とてもシュールだと思った。


「バニラ高収入」という曲がある。
繁華街の周りを走っているアドトラックが流しているあの曲である。

【公式】高収入求人情報バニラ(テーマソング)
最近はアドトラックのみならず、この曲を流すでかいバスも走っている。


勢いがすごい。数年後にはジャンボジェットになっているはずだ。そんなことはどうでもいいのだが。


音楽と野菜とバニラ高収入。

野菜に優しいモーツァルトを聴かせるとよく育つのと同じように、「バニラ高収入」を聴かせた野菜は高収入にならないだろうか。


というわけで用意した。

プランターが2つ。「バニラ高収入」を聴かせるプランターと、普通のプランターである。

今回育てる野菜はミニトマトにした。

観賞用にむく とはどういうことだろう。おいしくないのか。

それぞれのプランターに同じくらいの量、種をまいた。
写真を撮ろうとしたが、自然の息吹がなかなか気持ち悪く写り込んでしまうのであえて撮らなかった。ここだけ想像してほしい。

種がもったいなくて2つのプランターに適当にばらまいてしまったが、万が一全部がちゃんと育ってしまったら大変なことになるのは想像に難くない。でも多分なんとかなる。

ところで、どっちのプランターを「バニラ高収入」にして、どう見分けをつけるか全く考えていなかった。

偶然片方に大きな石ころが入っていたのでこっちのプランターに「バニラ高収入」を聴かせることにした。

聴かせてみた。

バニラ高収入を聴かせたプランター 【1日目】
特に変わらなかった。もちろん即効性はないようだ。

これを毎日続けて、「バニラ高収入」を聴かせたトマトが普通のトマトよりもよく育ち、多く実をつければ、「バニラ高収入」を聴かせたトマトは高収入になるということが証明できる。
要するに、2つのプランター間の、トマトの実の個数での勝負である。


勘のいい方は気づいているかもしれないが、トマトの種のまきどきは大きく過ぎている。それも「バニラ高収入」がなんとかしてくれるはずだ。


数週間後、どうなっているだろうか。
経過をお楽しみに!


フェロモン香水を使ってみた話

モテない。


山頭火もびっくりの自由律俳句を詠んでしまったところで、本題である。


フェロモン香水というものがある。
フェロモンが配合されていて、つけるだけで異性を惹きつける、
魔法のアイテムなのだ。

実際、ある女性ラジオパーソナリティが番組で、
「フェロモン香水をつけていたら居酒屋でおっさんが食べ物をくれた」
という話をしていた。気がする。

そんなフェロモンを、とりあえず纏ってみることにした。



買ってみた。楽天市場で1680円。

フェロモン香水は正直ピンキリで、
安いものは千円台から、一番高いものは一万数千円。

女性があまりに寄ってきても対応に困ってしまうので、
そこそこの値段のものを選んだ。(あと単純にお金がなかった。)


ショップの説明によると、

相手との距離を縮める上でとても大切な一歩に働きかける香水です。
異性関係だけでなく、友人や仕事での人間関係をより親密にするためにも有効なのです。

らしい。


さて、気になるのは香りである。
説明書きには

 トップノート:オレンジ・ピンクペッパー
 ミドルノート:ライラック・ピーチ
 ラストノート:アンバー・パチョリ

と書いているけれど……うーん……。

圧が強い。

とにかく香りの圧が強い。
IKKOって、実際に会ったらこんな香りがしていそうだ。

留学生の集まりの中にうっかり紛れてしまったときも、
こんな香りがしていたような。


ともあれ、実際につけて過ごしてみた。

香水は加減が難しい。フェロモン香水ならなおさらであろう。
初日はつけすぎてその圧にやられ、大学に行く電車の中でクラっときた。
ゼロ距離のIKKOの目の前で貧血になったような気分を味わえた。

以降、セルフIKKOテロを恐れ、そっと、かる~くつけるようにした。
大学の食堂で「俺、いつもと違うんだよね」となんとなくアピールしてみたが、
気づいた者は誰もいなかった。
「人との関係性が、より親密になっている」気もしないでもないが…。
うーん…。
しかし、このフェロモンは、確かに届いているはず…。


あれから数か月。
結論から言おう。モテない。

数か月、フェロモン香水をつけて生活して気づいたことがある。

工学部、全然 女子いないじゃん。


Eye Of Love Unscented Female Arousing Pheromone Spray .34oz by A & r naturelles inc

Eye Of Love Unscented Female Arousing Pheromone Spray .34oz by A & r naturelles inc

彼女をつくるために

彼女がいない。

彼女候補もいない。

なぜこうなってしまったのかわからない。

そんな僕が彼女をつくるために、ツイッターのフォロワー(ほぼ知人)に向けて、アドバイスを募集した。

彼女をつくるためのアドバイス募集フォーム

 

すると意外なことに、11件ものアドバイスが寄せられた。

f:id:e-genelog:20171226210654j:image

ありがとうございます。

 

いただいた「彼女をつくるためのアドバイス」を、早速、紹介していこう。

(一部、分割して紹介します)

 

自分のすべてを受け入れてくれる人を探そうと思わない。相手のことも受け入れる心をもつ! どうですかね…!

すべてを受けいれてほしいなんて全然思ってないです!

相手を受けいれてないわけでもないし!

受けいれあうチャンスが全然ないだけだと思います!

でも心がけますね! ありがとうございます!

 

目的を「彼女を作る」から「自分を高める」にシフトしたらいいと思いました。

そう見えてますかね。そうですよね。

ありがとうございます!

 

自分の魅力に気付いた方がいいと思います。その上で、その魅力を磨いて行けばおのずと好きな人に関わらず、人が寄ってくると思います。

魅力かあ…。うーん。

教えて偉い人!

ありがとうございます!

 

常に明るくどんな相手にも好意を持って接する。絶対に卑屈にならない。自虐は悪。

明るさは足りてないですよねえ。

自虐かあ…。気をつけます。

 

今あるものを受け入れるところから始めること

携帯をロックすると、汚い男が見えます。

不思議ですよね。自分か。そうか。

もう自虐しちゃいましたね。

 

20歳越えてまで自分の身の丈(というか見た目?)に合わない異性好きになる人は人生経験に問題あると思う

ブサイク同士を交配したら、子孫が悲惨なことになると思うんです。未来のためです。

これはそこそこ譲れません。

 

がっつかず諦めず自分磨き

がんばります!

 

性別を超える

「彼女」が欲しいです!

 

婚活パーティーへGO

NO!

 

脈のない人に告白しない

死んでる人に告白しても意味ないですからね!

 

清潔感

あっ…なんか…うん…ごめんなさい…

 

エロい香水を使う

あ、それもうやってます。

 

 

 

 

♪〜 

f:id:e-genelog:20171226220527j:image

f:id:e-genelog:20171226220543j:image

「フェロモン香水 男性用」でググる僕!

f:id:e-genelog:20171226220553j:image

楽天市場の対応は迅速だった!

かつ、ローションのおまけ付き!

f:id:e-genelog:20171226220604j:image

果たして彼女はできるのか! 

この次も、サービス!サービス!

くせ

なんとなくiPhoneのカメラロールを眺めていると、「ツイてない」ことを写真に撮ることがくせになってしまっていることに気がついた。

 

f:id:e-genelog:20171206234632j:image

ホテルの部屋にIH調理器と鍋があるものだと思ってレトルトパックのお粥を買ったら、電気ケトルしか無かった

 

f:id:e-genelog:20171206234842j:image

クリスマスの夜のバイト終わりに、ヤケになって欲しくもないメガネを買ってクジを引いたら、ぜんぶ外れた

 

f:id:e-genelog:20171206235039j:image

引っ掛けてゲットするタイプのタグが外れた

 

f:id:e-genelog:20171206235057j:image

ココアを買ったら白湯が出てきた

 

もっと愉快な瞬間の写真はないものか探してみたものの、全くなかった。

これから気をつけるようにしたい。

 

近未来

ハンズフリー通話する人を見ることに全然慣れない。

 

ハンズフリー通話をする人が目に入ると、独り言だと思ってなんだかギョッとしてしまうし、その後もどこを見ていいかわからない。

 

なんたって歩きながら虚空に話しかけているのだ。

この前はハンズフリーでひたすら怒っている人を見て、なんとも言えない気持ちになった。

 

時代には追いつけないかもしれない。

 

そう考えると、

話しかけられたと思って振り向いたら、ただハンズフリーしてる人だった、というおっちょこちょいも近未来っぽい。